韓国ドラマ「チャン・ヨンシル」1話のあらすじと感想と動画を無料で視聴する方法をご紹介していきます。

朝鮮第国王太宗に時代に科学者として成功を納めた生涯を収めたドラマです。

安全に「チャン・ヨンシル」を視聴できる紹介していきます。

「チャン・ヨンシル」のあらすじや感想を含め、動画を日本語字幕で無料視聴する方法を知りたい方はお見逃しなく!

第1話あらすじ

15世紀、朝鮮第3代国王太宗(テジョン)の時代に奴婢(ヌヒ)の息子として産まれたウンボク。

ウンボクは父親の顔知らず育ち、チャン一族に使用人として母と2人で仕えます。

チャン家にはチャン・ヒジェという若様(ウンボクの従兄弟)がいました。

チャン・ヒジェはウンボクの事をよく思っておらず毎日のようにウンボクの事をいじめていました。

毎日のようにいじめられても、ウンボクは笑顔で対応します。

そこにチャン家に遊びに来ていたソヒョン王女にウンボクは助けられます。

ウンボクは助けてもらったお礼にソヒョン王女に木彫りの人形をプレゼントしました。

ヒジェがウンボクに日時計の見方を教えてもらいました。

ウンボクは季節によって日時計の影の長さが違う事に気付きます。

日時計に木彫りの人形を使い、簡単な改良をしているとヒジェが現れ、ヒジェを怒らせてしまいました。

ウンボクは殴打の厳しい罰を受けているところに、父ソンフィが10年ぶりにチャン家に帰って来ました。

そこでウンボクは初めてソンフィと出会います。

10年ぶりに帰ってきたソンフィはウンボクが自分の子供だと聞かされます。

ソンフィはウンボクが自分に似ている事などから、疑うこともなくチャンヨンシルと名を与えました。

さらに文字や天体の事を教えてもらいました。

その頃、一方の太宗は近くやってくる日食の儀式、ウシクの礼の準備を進めていきますが、

この時代日食は災いが起こると言われてきました。

ところがある書物から日食が起きないかもと言う声も。。。

第1話の感想

韓国の時代劇ではよくあるひどい差別の中で育つウンボク。

そんな中でも明るく振る舞い、学もなく字すら読む事は出来ないですが、天才的な一面も見えます。

父ソンフフィに天体の知識を教わった時にはその天才ぶりを発揮しているように思えます。

奴婢という立場からウンボクが今後の展開がどうなっていくかが楽しみです。